ダッドウェイの2018福袋(開催)

ダッドウェイ(DADWAY)の2018福袋は、2017年12月8日(金)に開始です。

 

福袋予約は、ダッドウェイオンラインショップからどうぞ。

 

ダッドウェイからは、シンプルに男の子用セット福袋と女の子セット福袋の2種類が登場しています。お値段も割と手頃な福袋となっています。

 

福袋の中にダッドウェイ取り扱いのどんなおもちゃんが入っているかは、しっかりとわかるネタバレ福袋になっています、おもちゃひとつひとつの写真も掲載されていて、どんな商品がちゃんとわかりますので、安心してお子さんのために予約できるでしょう。

 

福袋はダッドウェイのオンラインショップオリジナルですので、ここでのみ入手可能な福袋になります。

 

ダッドウェイオンラインショップ

 

ダッドウェイとは?

ダッドウェイは、育児ブランドやペット用品の企画販売をしている会社です。ダッドウェイが扱っている育児ブランドには、Ergobaby(エルゴベビー)、をはじめ、Sassy(サッシー)やNUK(ヌーク)、SKIP HOP(スキップホップ)、Tonga(トンガ)があり、ペット用品のブランドには、Petstages(ペットステージ)があります。

 

ダッドウェイの中でも最も有名な商品はErgobaby(エルゴベビー)の抱っこひもなのではないでしょうか。エルゴの抱っこひもは小さい子供を持つお母さんたちから絶大な支持を得ています。価格に関しては他の日本のブランドの抱っこひもと比較してもやや高いのですが、使い心地は抜群です。

 

他社の抱っこひもを使うとひもが肩に組み込み、肩こりがひどくなってしまうことが多いのですが、エルゴの抱っこひもは腰ベルトのつくりがしっかりとしており、赤ちゃんを肩だけでなく腰でもしっかりと支えることが出来るので、赤ちゃんを抱っこするお母さんへの体の負担が軽減されます。

 

また、エルゴの抱っこひもは赤ちゃんにとっても居心地がよいらしく、他社の抱っこひもを使うと嫌がる赤ちゃんでもエルゴの抱っこひもを使うことによって気持ちよく寝てくれるといった話もよく聞きます。

 

私自身、娘を抱っこするときはエルゴの抱っこひもを使っていますが、エルゴの抱っこひもを使って肩や腰が痛くなったことは一度もありません。

 

一度友人に他社のブランドの抱っこひもを借りたことがあるのですが、圧倒的にエルゴの方が使いやすいと感じました。娘もエルゴの抱っこひもが大好きなようで、お散歩のときだけではなく、お昼寝の寝かしつけにも重宝しています。

 

別売りのインサートを使うことで、首が座る前の小さな赤ちゃんの頃からエルゴの抱っこひもを使えたことも便利に感じました。

 

ダッドウェイでは複数のブランドを扱っていますが、中でもエルゴの抱っこひもは、抱っこひもを頻繁に使うお母さんや、抱っこひもを嫌がる赤ちゃんをお持ちのお母さんにもおすすめの商品です。

 

 

▼ 福袋予約はここから

 

昨年以前のダッドウェイ福袋

2017福袋は、12/9より開催しました。